猪が頓死
秋半ば、天候続きであるが昨日屋敷内で大きな猪が横たわっていた。
近づいて良く見たら100㌔程の雌イノシシだった。
多分前夜道路に出て車に当てられたものと思われる。
それでも何とか我が家の敷地内まで辿りついて命尽きたのか。

それを見たのか周りのカラスが大集合、鳴き声で時ならぬ賑わいとなり、一部はつついていた。
道路は車両の通行量も多く、速度を落としたり止めて見る人もいた。
その後市役所に連絡して片付けて頂き、一件落着となった。
この処、植え込んだ果樹苗を倒したり、あちこち掘り返していたのでこれで収まってくれればと願っている。ただ、このイノシシに多くの子孫が居ると思えば未だ安心は出来ない。
田舎暮らしは続く。
b0121028_12212179.jpg

[PR]
by hirukake-2 | 2015-10-23 12:27 | 出来事 | Comments(4)
Commented by tenpai8 at 2015-10-23 13:22 x
立派なメス猪ですね。それにしても車に衝突してダウンとは?
猪突猛進も相手が車では?? 敵いませんね!
メスの大物、捕獲かシトメ獲物であれば、美味しそうですが!
子供達が、母を求めて来ないと良いですね。
Commented by matutaka31 at 2015-10-23 13:58
大捕り物?
ぶっつかった車は、大ショックだったことでしょう。
昔夜の高速道で、狸らしき動物とぶっつかったことがありますが、かなりのショックでした。
野生動物との共生を唱える人がいますが、どだい無理なことです。
これからこんな事故が、どんどん増えると思われます。
行政はもっと有効な手を打たなければ・・・。
Commented by hirukake-2 at 2015-10-24 10:04
tenpai8さん、さんざん畑を荒らしまわった憎い奴ですが、やっぱり可哀想な気もします。
代わって子供たちが押しかけて来るのも困りますね~・・・。
街の中でも走り回って危害を加えたりしているニュースもありますが、気を付けましょう。
Commented by hirukake-2 at 2015-10-24 10:29
matutaka31さん、この出来事は朝から大騒ぎのカラスが教えてくれましたが、当てた車の方も心配です。かなりのショックだったでしょう。
避けようとして事故になる事も有るし。
この処、鹿を含め有害動物が増えていて農家も困っているのが現状です。
最大の駆除は人が食べる事ではないかと思います。
TPP加盟とか後回しにして・・・如何でしょう?


<< 落とし込み釣り アコウ >>