<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
竹の子
梅雨の最中であるが竹の子(真竹)も最盛期である。
今は竹は山の荒廃の元凶として嫌われているが、我が家でも伸びたものはナタを振るって一汗掻いていて、「雨後の竹の子」のとおり、作業が当分続く。
「筍」とも書くように、この所田舎で毎日の様に「旬」を楽しみもある。
我が家の料理名人?によると煮付けの時は料理酒を少し加えるとか。
イノシシも好物のようで、地表に出る前に食べてくれてこの時ばかりは益獣である。
b0121028_16255274.jpg

[PR]
by hirukake-2 | 2008-06-30 16:28 | 農(作)業 | Comments(2)
プラムⅡ
b0121028_1085554.jpg我が家に春を告げたプラム(大石早生)の収穫を始めた。
5月と今月の低温の影響か例年より少し遅れているが、既に予約も何件か入っており、ボツボツの滑り出しである。
この後ソルダム種が続くが、こちらの方は相変わらず実の止まりが悪く、無農薬を通している関係上病虫害も待ったなしで、今後どうなることか。
プラムは皮つきのままガブリが私の趣味である。
b0121028_1065210.jpg

[PR]
by hirukake-2 | 2008-06-26 10:11 | 農(作)業 | Comments(2)
田植え
6月12日、今年の田植えを無事終えた。
先月20日播種来、47箱がその後順調に育ち、田植えに先立ち、病虫害に備え苗箱に農薬を撒いた。人に例えると予防接種の様なもので、これで前半は病虫害が予防出来、便利な薬が出来たものである。
今後は田植え1週間後を目途に除草剤を散布し、我が家での農薬投入は完了である。
後は水管理と天候次第で今年の出来が決まる。

近くの宮若市で見た光景を一つ、
生憎カメラを持参していなかったが、おばあさんが魚とり網片手に、田植え後の田んぼで魚とり?
尋ねたところ、実はタニシが稲苗を食い荒らすとか、タニシはキャベツが好物とかで、田の周辺には葉っぱを並べ、集まったところで捕獲もすると云う。
ジャンボタニシが大変らしい。
幸い、我が家の周辺では未だ発生していないが、厄介な外来種が静かに増えていると言う。

b0121028_11211732.jpgb0121028_11222031.jpg
[PR]
by hirukake-2 | 2008-06-15 11:23 | 農(作)業 | Comments(2)