夜焚き
昨夜、仲間に誘われて夜焚きに出掛けた。
船は仲間行き付けの昌富丸で鐘崎出港は16時30分。
客は仲間と二人で、船長も竿を出すので3人だ。
海上は昨日まで時化ていたが昼間から天気も良く、夕方は波も収まり新月で絶好の夜焚き日和となった。
港から1時間30分ほど走って準備に掛かる頃の夕日が映え、待ち時間には最高の瞬間だ。
日が沈んでしばらくして点灯、周りの漁火もあちこち見受けた。

点灯後ボツボツとイカが付き始めたが、仲間は最初の一杯を手際よく捌いて船上での刺身を作ってくれて感謝、感謝!
その後順調にイカが付いて日付が変わる頃まで続いた。
イカの内訳はヤリイカが主体で、他にブドウイカも混じった。なお、スルメイカは小生には1杯のみだった。帰って数えたら46杯(7、6㌔)いた。
船長はさすがにプロ、7箱作ったとか、仲間もかなりの数上げていた。
この釣りは今年はこれで終わるが楽しめた一夜だった。
b0121028_17234776.jpg

[PR]
# by hirukake-2 | 2015-09-12 17:29 | 趣味 | Comments(2)
庭の富有柿
我が家では僅か2本ながら富有柿が目立つシーズンがやってきた。
既に摘果も2度程行ない、8割位摘んだ。
秋の紅葉と共に今後が楽しみだが厄介な虫が発生している。
今年の特徴はカメムシのは少ない様だが、イラガが付いて枝によってはかなり食われたものも有る。この虫は孵化してしばらくは集団でいるが後はばらけて葉を食い荒らす。
昼間はあまり動かず夜行性の様で、葉にしっかり付いていて箸で外すのも大変な位だ。
しかも手にでも触れたらヒリヒリとして始末に負えない。
農薬使用も検討しているが、発生も限られているので長尺の枝切鋏で枝葉を切り取って纏めて焼却している。
イラガの発生は初めてであるがこれも異常気象に関係しているのかな~・・・。
b0121028_17182079.jpg

b0121028_17201688.jpg

[PR]
# by hirukake-2 | 2015-08-24 17:29 | 農(作)業 | Comments(4)
イサキ釣り
孫娘が母子で神奈川から来たので今回も玄海沖まで出掛けてきた。(3/27)
今回はイサキが狙いだ。
釣果の方は写真の通り、イサキ(32尾 9、7㌔)一色だったが、外道にマダイ1尾も上がり、先ず先ずだった。
当日は早速刺身で頂いたが、孫の評価はイサキのシーズンには少し早かったのか、タイの方が美味しいとの事だった・・・やっぱりタイか~。
因みにマダイのサイズは丁度1㌔、しっかりマコが詰まった雌だった。
今回はイサキは小ぶりな物(中アジ位)が多く、全て一夜干しにしたがアジとは一味違っていて
家族の評判も上々だった。
サザエつぼ焼きも食したいと云うので、折角の機会鐘崎活魚センターに出向いたが、そこで見かけたあの小ぶり(中アジサイズ)のイサキが¥1300/尾で泳いでいるのを見て少し安心した。
b0121028_13203980.jpg

[PR]
# by hirukake-2 | 2015-04-06 13:29 | 趣味 | Comments(4)
メダイ釣りⅡ
2月23日、今年2回目のメダイ釣りに挑戦した。
船は前回と同じ第二成幸丸で、目指した場所も沖ノ島周辺だった。
5時30分出船、今回も10人の定員の満席で中には顔なじみの客も居たりで、道中話は尽きない。
これも釣りの楽しみだ。

ポイントに到着後メダイの指示タナ(深さ)は75㍍で、投入を繰り返すうち漸く強烈な当たりが有り、何とか一尾ゲット出来た。この魚は冬が旬で、この時期早くも終盤を迎えていて食い渋りが目立ち、船全体でも8尾程で4人が坊主(ゼロ)だったようだ。
後半は島の近くに移動してイサキ釣りを楽しんだ。
イサキの方は旬には少し早いが全員良く上がり、よい土産になった。

絶海の孤島沖ノ島は古きロマンを秘めていて神々しくそびえ立ち、周りは4季折々釣り人のメッカともなっていて、見上げるだけで都度元気を頂いている。
今は世界遺産への登録を目指しているが、勿論大歓迎だ。
今回も準備も含めメダイで過ごした一日だった。
b0121028_9413572.jpg

b0121028_942578.jpg

[PR]
# by hirukake-2 | 2015-02-27 10:17 | 趣味 | Comments(2)
メダイ釣り
2月2日、今年初めての釣りに仲間と出掛けた。
昨年末から何回か計画していたが、都度悪天候で中止となり漸く実現した。
船は大島の第二成幸丸だ。
珍しく絶好の釣り日和で、待っていた人も多かったのか定員10人の満員だった。
向かった先は世界遺産を目指している沖ノ島周辺で、行程は1時間30分程だが、この船は暖房の効いた船室で足も伸ばして仮眠が取れるのも良い。
さて、釣果の方は本命のメダイは中々食いが悪く、バラしたのも2回有ったが何とか1尾ゲット出来た。一方仲間はメダイ2尾の他イサキも複数上げていた。
中にはボウズも何人か居たようで、外道のタイも釣れたし良しとしておこう。
帰って計量したらメダイ6、1 マダイ1、2㌔だった。
今が旬のメダイは抱卵中で、脂も乗っていて久しぶりに自前の刺身を頂いた。
寒さも忘れた1日だった。
b0121028_10515335.jpg

b0121028_10452671.jpg

[PR]
# by hirukake-2 | 2015-02-03 11:00 | Comments(4)