竹の子
梅雨の最中であるが竹の子(真竹)も最盛期である。
今は竹は山の荒廃の元凶として嫌われているが、我が家でも伸びたものはナタを振るって一汗掻いていて、「雨後の竹の子」のとおり、作業が当分続く。
「筍」とも書くように、この所田舎で毎日の様に「旬」を楽しみもある。
我が家の料理名人?によると煮付けの時は料理酒を少し加えるとか。
イノシシも好物のようで、地表に出る前に食べてくれてこの時ばかりは益獣である。
b0121028_16255274.jpg

[PR]
by hirukake-2 | 2008-06-30 16:28 | 農(作)業


<< 黒豆作り プラムⅡ >>